ルートイングランティア福山SPA RESORTホーム > 周辺観光

周辺観光

スタッフ オススメの最新の観光情報

もっと見る

見る・学ぶ

明王院

真言宗大覚寺派の仏教寺院である明王院の前身である「常福寺」は、807年(大同2年)に空海(弘法大師)によって創建されたという伝承を持ちます。本堂は和様と唐様の折衷様式で、この様式としては現存する最古の建物。五重塔と共に国宝に指定されています。

【アクセス】 車で5分

広島県立歴史博物館

芦田川の川底に埋もれていた中世民衆の町「草戸千軒町」。その遺跡の発掘調査による出土品を中心に、瀬戸内の民衆の歴史と文化にスポットをあてた展示品が並ぶ博物館です。

【アクセス】  車で10分
【住所】  〒720-0067 
広島県福山市西町2-4-1
【料金】  一般:290円
大学生:210円
※高校生まで無料

福山自動車時計博物館

自動車や時計をはじめ、主に昭和の時代の庶民生活に密着した品々を展示しています。「乗れ・見れ・触れ・写真とれ」の体験型博物館として当時の生活や時代の流れを体験し、三世代で楽しむことができます。毎週土曜日は高校生以下入館料無料です。

【アクセス】  車で10分
【住所】  〒720-0073
広島県福山市北吉津町3-1-22
【開館時間】  年中無休 AM9:00~PM6:00
【料金】  大人 900円
中・高生 600円
小人 300円

日本はきもの博物館・日本郷土玩具博物館

1878(明治11)年に丸山茂助(もすけ)が下駄づくりを始めて以来、松永の下駄産業は日本一の地位を 築いてきました。その松永下駄産業の創業100周年を記念して開設された、日本で唯一のはきもの専門の博物館です。日本人が暮らしの中で知恵や工夫をこら してきた様々なはきもの、ヨーロッパの人々が権威を象徴するファッションとして発達させてきた靴を通して、今後の暮らしとはきものの関わりを考えることが できます。「はきものコレクション」2266点は、国重要有形民俗文化財に指定されています。

【アクセス】  車で20分
【住所】  〒729 -0104 
広島県福山市松永町4丁目16-27
【開館時間】  午前9:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
【休館日】 12月28日~1月1日
【入館料金】  一般・・・・・・・・・・・¥1,000(団体¥800)
大学/専門学校生・・・¥800(団体¥640)
中学/高校生・・・・・¥600(団体¥480)
幼児/小学生・・・・・¥400(団体¥320)

みろくの里

20種類以上の遊具を備えた遊園地、昭和30年代の街並みを再現した「いつか来た道」、みろくの里神勝寺温泉、野球場、美術館などさまざまな施設があります。みろくの里セット村では座頭市などの映画が撮影されました。3世代が楽しめるレジャー施設です。

(画像提供:みろくの里)

【アクセス】 車で20分

鞆の浦(とものうら)

鞆の浦は、日本最古の歌集である「万葉集」に登場し、瀬戸内の潮待ち港として古くから栄えた町です。江戸時代には、朝鮮通信使が寄港し、国内ばかりでなく遠く大陸からの賓客をも持て成す都市でした。

そして現在もまた、江戸時代からの町並みや港の風景を残し、年間百万人以上の観光客が訪れる観光地となっています。

この鞆の浦の地を舞台にした作品は数多くあり、その一つに今大人気の映画「崖の上のポニョ」があります。監督である宮崎駿氏は、過去に訪れた鞆の浦を気に入り、2005年春、二ヶ月間一軒家を借り切り、自炊生活を送りながら、名作「崖の上のポニョ」を作り上げました。

その他にも、夢野久作氏原作の、鞆の浦を舞台に家族の分散を描いた「白椿」や、音楽界においては、筝曲家である宮城道雄氏が、失明しながらも故郷である鞆の浦の海をイメージして作曲された「春の海」が有名です。

福山城

1622年に建立した福山城は、福山大空襲の被害を受けながらも、伏見櫓と筋鉄御門(共に国の重要文化財)が現存しています。天守内部は福山市立福山城博物館として利用され、最上階の回縁からは市街を360度見渡せ、晴れた日には瀬戸内海を望むこともできます。

3月下旬から4月中旬にかけて、ソメイヨシノ、サトザクラ、ヤマザクラ等、500本もの桜が福山城全体に咲きます。また、毎日18:30~22:00の間ライトアップされ、夜桜を楽しむことが出来ます。

【アクセス】  車で10分

お役立ち情報

このページ先頭へ
  • コンビニ・・・徒歩10分
  • 福山競馬場・・・徒歩1分
  • 竹ヶ端陸上競技場・・・車で15分
  • JFE瀬戸内海ゴルフ場・・・車で25分
  • ビックローズ・・・車で30分
  • ローズアリーナ・・・車で5分

このページ先頭へ